ゆらまつ式

ITコンサルタントという、いずれなくなる職に就いてます。 @matsu_yurari

大人は褒めてくれない

療養休暇中、体調が回復しつつあるころ、さすがに仕事と向き合った。

振り返っていて気づいたが、入社以来、上司から褒められたことが全然ない。

 

 

褒めてよ。

何歳になっても「えらい!」って言われたい。

 

 

 

そういえば、休暇中に別の上司に言われたことがあった。

「ゆらまつ君は、海外の案件やってみたら? 外国人は結構7割出来ればOKみたいな感覚で仕事してるよ。」

 

そうなんだ。

全ての外国がそうであるとは言えないだろうが、

日本みたいに「10割目指して、さらにリスクヘッジを・・・」みたいな考えはないのか。なるほど。

日本では、リスクヘッジ案を含めて、10割以上のものを出さないといけないんだから、褒めてる暇なんて無いか。

 

暇もないし、10割を超えるところがゴールなんだから、そもそも私が作った1次成果物に褒めるところなんてないよな。

 

 

ちなみに、その上司にはこうも言われた。

「海外の人たちは、7割程度の仕事をゴールとしているから、必然的に労働時間が短くなるんよ。労働時間を短くするかを考えた結果、ゴールを7割にしてるとも言えるかな。俺が行ったところは、そう見えたよ。」

 

 

ふーん、そうなんだ。

じゃあ、最近労働時間の適正化施策をいろんな企業で導入しているけど、

そもそも仕事のゴールに対する考え方を変えないで、労働時間の適正化だけ実施しようと言うのは、根本解決になっていないんだ。

 

 

なるほどな。

 

 

 

 

ああ、褒めてくれる人って世の中にいないのかな。

最近褒められたのって、企画物AVの中の幼稚園の先生くらいなんだけど。

幼稚園カフェとか出来ないかな。褒められに行くのに。

 

 

ゆらまつ