ゆらまつ式

ITコンサルタントという、いずれなくなる職に就いてます。 @matsu_yurari

AV女優は日常に潜んでいるという話

ゆらまつです。

 

今の企業に就職する前にビジネスホテルで働いていたことを、ふと思い出しました。

フロント業務です。予約とったり、チェックインしたりしてました。

 

部屋の予約は、企業でごっそり予約しているとかもあるんですね。いろんな企業が予約されていました。

その企業の中にたまーに、エージェンシーとか、プロモーションとか、なんか芸能事務所っぽい企業名がありました。まぁ、特に気にしてはなかったんですが。

 

 

ある日夜勤をしていたら、予約表を見ながら先輩が私に言うのです。

 

「その企業、AV女優の事務所だよ」

 

私は急に言われたので、かなりドキドキしてしまいました。

 

 

 

冷静を装いましたが、湧き上がる感情には抗えませんでした。

  

「顔を見たい。」

 

 

その場では気にしていない素振りをしましたが、日常においてAV女優を生で見ることすらなかなかないですし、加えて、OFFモードなわけですから。素の状態のAV女優なんて見たいに決まってます!

 

 

その後、チェックイン業務になかなか身が入らず、ミスを連発してしまいました。恥ずかしながら。

 

 

そして、ついにその時がやってきました。女優さんがチェックインしにきたのです。

 

興奮を抑えつつ、私は他社員とアルバイトを押しのけ、チェックイン業務を勝ち取りました。

というか、夜間のピークを超えた時間帯は、誰も業務をやりたがらないので、余裕で勝ち取れました。なんというラッキー。もしかして先輩方は、見飽きているのかな…

 

 

そして、私は女優さんと対面しました。

 

 

 

フツーの女の子でした。

 

 

実際、その後何度もAV女優さんのチェックインを担当したのですが、女優さんは全くもってフツーの女の子なんですね。怪しさとか妖艶さなんてものは全く無かったです。

もちろん、有名な女優さんが、安いビジネスホテルなんかに来るはずもなく、まだまだ駆け出しの女優さんなんでしょうけど、それにしてもフツーでした。

 

何なら、醸し出す「怪しさ」で言うと、たまに来る地下アイドルの少女2人とマネージャーらしきおっさんの方が、十二分に怪しかったです。マネージャーの彼は、何度職質に会ったんだろうと思ってしまうほどでした。

「宿題して明日は学校遅刻せず行くんだよ」と言い残して去って行くマネージャーを初めて見た時は、「家出少女を連れた、その現場の後なんじゃねーの?これ現行犯?逮捕???」なんて思ったものです。

 

 

なお、それに比べてAV女優さんは、あまりにもフツーすぎて、「数時間前まで撮影してたのか〜」と思うことはあっても、それ以上何か思うことはなかったです。AV女優は日常に、気付かないように潜んでるもんなんだな。と結論付けました。

 

なんかそう考えると、新宿とか渋谷で隣を歩いている女の子が、AVに出てるのかもしれないのですよね。

逆も然りで、男もそうですよね。

昔、街を歩いていたら、AV男優の勧誘を受けたこともありました。後に、IT企業に務めるフツーの一般男性である私がです。

私の友人も同じく勧誘を受けたそうです。彼もIT企業へ就職しました。

IT企業社員は、AV男優っぽい見た目が多いのかな…

 

なんかそう思えば、みーんなAV男優っぽいんだなと思えて、職場のムカつく上司の大声とかどうでもよくなりましたね。喘ぎ声もこの調子なのかなとか考えちゃって。最近の言葉でいうなら、オススメのライフハックですね。いやライフ○ァックですね。AVだけに。

 

最近、いい年にもなってきたので、マッチングアプリとかで女性と会ってるんですが、プロフィールの年収と羽振りが乖離してないかな〜っていう変な目で見ちゃってます。

だって、「AV女優は日常に、気付かないように潜んでる」んですから。

まぁ、私は別にそれでもいいですけどね。わからないようにしてくれれば。だって私も、見た目だけならAV男優ですしね。

 

 

ゆらまつ